リプロスキン 嘘

リプロスキンの嘘

リプロスキンは嘘という検索ワードが出てくるときがあります。
なので注意が必要ということが書かれているときがあります。
しかし、私が実際リプロスキンを使用している中でそんなことはないと感じます。

 

 

なぜこんなことが書かれているのかを見てみると…

「すぐには効果が現れない」
「肌質によっては合わないこともある」
「みんなが平等に効果があるわけではない」
「私が使用したらちょっとピリっとした」

というような内容の口コミがあったため、”リプロスキンは嘘だ!”みたいなことを書いているサイトがありました。

 

 

ただこれは私からするとそうゆうことも人によってはあり得ることだと思っています。これについては皆さんも有名な口コミサイトの「@コスメ」さんでもそうですが、洗顔や化粧水、保湿パック、クレンジング、マニキュアなど色んな商品のランキングトップ5に君臨している化粧品類はどれも必ず悪い口コミも存在します。ランキング上位の商品も、点数としては7点中4.5〜5.3点の間が集中しています。これは化粧品を使用して実際効果があった人もいれば、自分の肌には合わなかったという人も少なからずおります。ですが、それでも過半数の人(約85%〜95%)は実際に使用して自分には効果があったという意見です。リプロスキンもこれと同様に効果があったという人のほうが8割以上おります。なので”リプロスキン 嘘”という検索ワードにはそういった意味合いがあります。そして、もう一つこれについて買って初めて知ったのですが、リプロスキンの効果が嘘と思ってしまう事があります。

 

 

リプロスキン嘘の勘違い

 

このリプロスキン嘘については、一つ大事なことがありリプロスキンを買った人がどうゆう目的で買ったのかについてまず深堀していきます。リプロスキンといえば「ニキビ跡」「赤らみ」「炎症」「ニキビ」「デコボコ肌」に効果があると期待されている導入型柔軟化粧水。この”導入型柔軟化粧水”というワード自体あまり聞きなれない言葉ですが、これは「化粧水で肌を柔らかくして、浸透力が良い化粧水であり、同時に浸透力が良くなる効果」を例えている化粧水です。これを分けて説明するとまずリプロスキンはスキンケアでいう「化粧水」の部分であること。なので、洗顔してリプロスキンをつけるだけでは、ニキビ炎症、ニキビ跡、赤らみに対して不十分であるということ。

 

この後に保湿剤である、乳液やクリームをつけないとせっかくの化粧水も時間が経つと弾かれて効力が失われてしまう事。そして、もう一つがリプロスキンは高い浸透力が特徴でさらに成分の高い化粧水を肌に重ね塗りするとより効果が増すということがいえます。効果が高まるリプロスキンの使い方について載っているサイトもありますので、より詳しく知りたい人はそちらをご覧ください。このように「リプロスキン 嘘」や「リプロスキン 効果 嘘」、「リプロスキン 嘘 注意」などと書かれている検索ワードに対しては勘違いが原因であることが可能性としては強いです。私もリプロスキンを使用している中で、最初浸けたときに「浸けて最初はしっとりとして馴染みも良く、刺激はないけど肌の角層も触ると柔らかくなっている実感はあります。触ってしっかりわかるレベルです。ただそれも乳液やクリーム、オールインワンを使用しないとその効果を実感できる時間がすぐになくなってしまいました。そこから「なんだコレ??」と思い調べてみたらこうゆう理由でした。サイトに書かれている多くの内容は文面を読んでいると、「買ってない状態で憶測で書かれているような内容が多い」ように感じます。ただ、私がリプロスキンを使用してリアルにわかったことなので、もしリプロスキンを一度使用して効果が感じられずにそのまま置きっぱなしになっている人は改めて確かめてください。

 

 

 

リプロスキンは効果は嘘じゃないのか?

 

私が実際使用しリプロスキンを使った中でこれについて、厳密に言えることは「デコボコ肌を完全に治癒させるのは時間がかなりかかる」ように思いました。やはりクレーター、凸凹肌はお医者さんでも治すのが難しいとされているもの。なので、凸凹肌まで治すのは最低でも半年以上はかかる気がします。ただニキビ跡や色素沈着に関してはほとんどの肌質に対して効果はあるように思えます。ニキビに関しては最低3ヶ月はかかるような印象があります。

 

なのでこの部分は一概には言えません。肌というのはテレビで見ていても思いますが、お医者さんの討論でさえ何人か集まれば違った意見を述べ合ったりする場面を見たりします。おそらくそれ程、ハッキリとしない部分とやはり肌の個人差が大きく左右されることだと思います。なので、リプロスキンも使用者によっては嘘と感じてしまう人も確率としては必ずいると思います。ただ現時点でニキビや色素沈着、クレーター肌を治せる可能性がある化粧品としてはトップクラスに高いと思います。

 

 

一度塗って試してみることしかない

 

結局は自分の肌に合うか合わないかはリプロスキンを肌に浸けて試してみるしか方法はないといえます。
私も買った当初はそういった気持ちで買いました。そして、結果的には想像以上に効き目はありました。仮にリプロスキンをつけてもニキビや肌荒れを治せなかったとしても、今使用している化粧品の成分を肌にキッチリ浸透させてくれる効果としてはホントに充分あります。なので、リプロスキン以外の化粧品も結局は一度試してみるしかないです。リプロスキンをできるだけ安く購入したい人にはかなりお得に買える購入ページもあります。

 

 

>>リプロスキンの使い方